知っておきたい!化学洗浄処理の注意点

酸洗処理に関する基礎知識

化学洗浄処理の典型的なものとしまして取りあげられるのが酸洗処理になります。 酸洗処理と言いますのは、酸を介して金属を洗浄するものになります。 実際的な方法としましては、硫酸、あるいは塩酸などの酸性溶液に対して金属製品を浸します。このことによってサビといった酸化物を洗浄、除去することができることになり、メッキ加工等を行うケースでは絶対条件として行われる対処方法です。こうした処理をしないとどういうふうになるかというと、サビ等の酸化物によりましてメッキの密着不良に結び付きます。それに加えて、このことより素材表面がクリーンになりますので研磨のための必要な作業などが求められなくなり、光沢などが現れ易くなるというアドバンテージもあります。

酸洗処理の注意すべき点

酸洗処理の注意すべき点ですが、酸洗処理は、複数のタスクに分かれて為されるものですが、こうした工程のプロセスでとても腐食しやすい状況になってしまうのです。 腐食しては酸洗処理を実施した意味がなくなりますので、酸洗処理を実施したあとにはすばやく金属製品の表面に対して防錆処理を実施するなどしなければなりません。それに加えて、酸洗処理を実施する際に活用されるのが硫酸、あるいは塩酸といった薬剤が利用されます。 硫酸、あるいは塩酸は毒物並びに劇物指定令で決められている劇物ですので、保安対策は強固なものにして作業時などにアクシデントが発生しないようにしなければなりません。それに加えて、酸洗処理を実施したあとの排水においても排水処理に取り組み、安全を高める必要があります。

全ての金属は錆び(酸化)します。その金属の金属表面処理の目的は酸化を遅らせる事にあります。代表的な物はメッキ処理ですが他にも塗装系が一般的です。