そもそも酸洗いって何のこと?

酸洗いって何のこと?

酸洗いとは、金属の表面に生じる錆やスケールなどの酸化物を取り除く作業のことです。スケールは水垢を意味します。酸洗いには塩酸や硫酸などが用いられ、大きく分けて三つの目的があります。一つめは、金属表面の洗浄です。金属を熱加工した際に発生する錆などを取り除くことで製品の品質をより良いものにします。二つめはメッキや塗装などの下地処理です。塗装の工程の前に金属を酸洗いすることで、メッキなどの塗料がよりきれいに表面に密着するようになります。三つめは、表面被膜の再形成です。ステンレスなどの錆に強い素材の表面に不動態被膜を形成します。不動態被膜とは、錆から金属を守る層のことです。酸洗いをすることで加工の過程に傷ついたステンレスの不動態被膜を再形成します。これら三つが酸洗いの目的です。

酸洗いの利点ってなに?

前段で述べたように酸洗いは、金属の表面の酸化物を取り除くことなどがその目的でした。では、酸洗いをすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。その一つとして考えられるのが、作業工程の短縮です。酸洗いで酸化物を除去することができれば、研磨作業などは行う必要がなくなります。工場などではその分人手がかからずにすみますので、経済的にもメリットであるといえます。また、大きく特別な機械が必要というわけでもないので場所も節約できます。このように酸洗いをすることのメリットは確かにあるといえるでしょう。しかし、酸洗いには塩酸や硫酸などの劇薬を用いる必要があるため、生じる廃液などの処理には細心の注意が求められるでしょう。

一旦塗装された物の塗装剥離はブラストマシンでガラスビーズを使って剥離するのが一般的で薬品は使いません。